pasonaz160306150i9a1901_tp_v

「脱毛サロンは期間が長くかかる」「医療脱毛は早く脱毛できる」と言われますが、脱毛サロンの光脱毛とクリニックの医療脱毛では、回数と期間は具体的にどのくらい違うのでしょうか?回数ごとの効果の出かたを見ながら、光脱毛と医療脱毛の回数と期間を比較してみたいと思います。

また「なぜ脱毛は毛周期に合わせないといけないのか」「2週間ごとに通える脱毛は本当に効果があるのか」など、サロン・クリニックの公式サイトではイマイチわからない脱毛の知識についても詳しく解説します。初心者にもわかりやすい内容になっているので、脱毛を検討している人はぜひご覧ください。

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング

サロンで全身脱毛、効果が出るまでの回数と期間

脱毛サロンは、一部例外もありますが基本的には毛周期に合わせて2~3ヶ月ごとに脱毛します。毛質や体質などによって効果が出るまでの回数は個人差が大きいですが、回数と期間ごとの平均的な効果は以下の通りです。

回数 期間 効果
1~3回 半年 毛が太い脇やVIOは自分で抜け毛に気付く人もいますが、まだまだムダ毛の量に変化はありません。
4~6回 1年 ムダ毛が抜けてくるのを実感でき、自己処理もだいぶラクになりますが、ムダ毛はまだ生えてきます。
7~12回 2年 だいたいの人は、Iラインがちょっと物足りない程度で他の部位はほぼ脱毛完了します。剛毛の人は完了まであと少しです。
13~18回 3年 たまにチョロッと生えてくる程度で、Iラインも脱毛完了です。剛毛の人だともう少しかかる場合もあります。

ただし上記の表はあくまで平均的な目安で、1回の来店で全ての部位を脱毛できる場合の計算です。1回の来店で全身の1/2または1/4を脱毛するプランだと、その分期間が長くかかります。また、予約が取れないサロンだと施術の間隔が4ヶ月以上開いてしまうので、目安よりも長い期間がかかります。予約が混んでいるサロンは、予約キャンセルすると次の予約もかなり先になります。

特にVIOは生理のときは施術できないので、急な生理で予約キャンセルが多くなるとなかなか脱毛が進みません。(サロンによっては、生理のときはどの部位も施術できないサロンもあります。)

医療脱毛で全身脱毛、効果が出るまでの回数と期間

医療脱毛も毛周期に合わせて2~3ヶ月ごとに脱毛します。毛質や体質などによって個人差はありますが、回数と期間ごとの効果の出かたの目安は以下の通りです。

回数 期間 効果
1~3回 半年 毛が抜けるのが自分でわかりますが、少し薄くなった気がする程度です。まだ毛量に変化がない人もいます。
4~6回 1年 ほとんどの部位でムダ毛の自己処理の必要がなくなるくらいキレイになります。3回目までで効果を実感できなかった人も、急激に毛が減るようになります。VIOと、顔など産毛が多い部位はまだ毛が残っています。
7~9回 1年半 VIOや顔の産毛なども自己処理が必要なくなるくらいになります。

医療脱毛は脱毛器のパワーが強いので、早い人だと1回目で毛が減ります。だいたいの部位は5~6回程度で脱毛が完了します。1回1回の効果が高いので、予約が混んでいて施術の間隔が毛周期より多少長く開いても効果への影響が少ないです。

脱毛サロンと医療脱毛の回数・期間を比較

脱毛サロンと医療脱毛の回数・期間を比較すると、以下のようになります。

脱毛方法 回数
光脱毛(IPL、SSC) 12回~18回以上 2年~3年以上
医療レーザー脱毛 5回~10回 1~2年程度

早く全身脱毛を終わらせたいなら医療脱毛がおすすめです。「来年の夏までに水着を着られるようになりたい」と言うようなときも、医療脱毛なら間に合います。脱毛期間が短いほどモチベーションを維持しやすく、途中で通うのが面倒になる前に脱毛を完了できるので脱毛を成功させやすいメリットもあります。大手脱毛サロンは予約希望日時にある程度幅を持たせないと予約が取りにくいので、途中で仕事が忙しくなったりすると通えなくなってしまう場合も出てきます。ライフステージの変化が生じる前に脱毛を完了させやすい点でも、医療脱毛がおすすめです。

関連記事:医療レーザーで全身脱毛!おすすめクリニック3つの条件とは?

脱毛の間隔と毛周期について

脱毛は毛周期に合わせて施術するのが効果的

脱毛は一般的に、光脱毛も医療レーザー脱毛も毛周期に合わせて通います。毛には大きく分けて成長期・退行期・休止期の3つの段階がありますが、脱毛の効果が出るのは成長期の毛だけだからです。1つの部位には成長期から休止期までの毛が混在しています。そのため全ての毛に効果を出すには、成長期の毛がたくさん揃うタイミングを狙って何度も脱毛する必要があります。

1回脱毛すると、次に成長期の毛が揃うタイミングは部位や人によって差はありますが、おおよそ2~3ヶ月後です。そこで2~3ヶ月開けてから次の脱毛をすると、効率よく脱毛できます。早く脱毛したいからと言って毎週脱毛しても、脱毛の効果が出ない毛ばかりなので意味がありません。無駄に回数を消化するので費用も高くなってしまいます。肌を回復させる暇がないので、肌への負担も大きくなります。

脱毛ラボのスピード脱毛コースのように最短2週間に1回のペースで全身脱毛できるプランなどもありますが、毛周期を完全に無視しているので、効果があるのかは疑問です。

毛周期に合わせなくてよい脱毛方法もある

光脱毛・医療レーザー脱毛が毛周期に合わせなければならないのは、毛根の黒い色素に反応する光を利用して脱毛するからです。一般的に光脱毛・レーザー脱毛は毛乳頭に作用して脱毛しますが、具体的には毛根のメラニンに光の熱を吸収させることで、毛乳頭のたんぱく質を固めて機能をストップさせます。毛根のメラニンは成長期の毛にしかないので、光脱毛・医療レーザー脱毛は成長期の毛が多いときでないと効果が出ないのです。

ですが光脱毛・医療レーザー脱毛にも毛周期の影響を受けないものもあります。光脱毛に分類されるハイパースキン脱毛とSHR脱毛、医療用レーザー脱毛器のメディオスターは毛周期に関係なく脱毛することができます。これらは毛乳頭ではなく、発毛因子(これから毛になる細胞)や毛包(毛を作る器官)に作用することで脱毛します。毛根に色素があってもなくても効果に関係が無いので、毛の成長段階を問わずに脱毛できます。

関連記事:全身脱毛の効果の違い。ミュゼや銀座カラーより医療の方が早いワケ

ただし生える前の毛を叩く方法なので、一般的な光脱毛・医療レーザー脱毛のように毛が抜け落ちることはありません。そのため、ある程度毛量が減って来るまで効果を実感しにくいデメリットはあります。

まとめ

医療脱毛のほうが効果が高くて早い理由をおわかりいただけたでしょうか?医療脱毛は痛みが強く料金が高いイメージがあるので、期間がかかっても光脱毛を選びたいと思う人もいるでしょう。ですが痛みについては、医療脱毛は医療機関で行うので麻酔が使えます。今は痛みが少ないレーザーが主流になっており、麻酔をすると痛みはほとんど感じなくなります。

料金についても昔と違い、サロンと同じくらいの料金で脱毛できるクリニックも増えています。肌トラブルが生じた際もクリニックならすぐに対応してもらえるので安心です。脱毛を検討しているなら、医療脱毛も候補に入れてみてはいかがでしょうか?


全身脱毛サロン選びで後悔する前に

全身脱毛サロンを料金の安さだけで選ぶと
「効果が出ない」「追加料金が発生する」「脱毛したいパーツが含まれていない」
などの思わぬ落とし穴があります。

全身脱毛の値段【月額・総額・全身1回の料金】一覧表と、サロン選びで必ずチェックするべき5つのポイントをまとめていますので、全身脱毛サロン選びの参考にしてください。
全身脱毛 値段

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング