シースリー 全身脱毛

シースリーの公式ページ

「シースリーと銀座カラー、両方とも通い放題だけどどちらがおすすめなの?」「シースリーの月額料金はかなり安いけど何かウラはない?」。シースリーと銀座カラーの全身脱毛はどちらも回数無制限の通い放題コースなので、何を基準に選べばいいのか迷ってしまいます。

ここではシースリーと銀座カラーの全身脱毛コースを料金プランとサービス内容で比較し、これから全身脱毛をするなら銀座カラーの方がおすすめであることを紹介します。

シースリーと銀座カラーの全身脱毛コースの内容はとても似ていますが、総額は最大7万円も銀座カラーの方がお得です。月額料金の安さだけで飛びついて後悔しないように注意しましょう。

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング

シースリーと銀座カラー、全身脱毛するなら銀座カラーがおすすめなワケ

同じ回数無制限でも値段はシースリーが安い

月額料金 総額
シースリー 顔を含む53か所 回数無制限 7,500円 314,815円~
シースリー 顔とIOは選択し46か所 回数無制限 7,500円 268,519円~
銀座カラー 顔を含む24か所 回数無制限※ 8,900円 259,558円
銀座カラー 顔は除く22か所 回数無制限 6,800円 197,650円

※顔の2か所(顔、鼻下)は無制限ではなく12回

シースリーと銀座カラーはいずれも月額制ですが、支払い方法は総額が決められていて分割払いをするシステムです。例えばシースリーの月額7,500円は総額を24回払い+ボーナス払いにした時の値段です。顔を含むコースと含まないコースで比較しても総額は銀座カラーの方が5万円~7万円もお得です。

さらにシースリーも銀座カラーも回数無制限なので、満足できるまで何度でも施術を受けることができます。シースリーでは現在キャンペーン中で月額料金の支払いを9か月間待ってもらえる(割引ではありません。初期費用なしで脱毛を始めたい人におすすめ)か、脱毛品質保証書を発行してもらうかのどちらかの特典から選べます。

脱毛品質保証書があれば最後の脱毛から何年後、何十年後にまたムダ毛が生えてきた時でも追加料金なしで施術をしてもらえます。一方で銀座カラーは最後の脱毛から一年期間が空くと契約終了になります。

シースリーの回数パックプランと比べても銀座カラーの方がお得

シースリーには月額制の他、回数パックプランもあります。6回、10回、そして最多の13回コースがありますが、顔を含む13回コースの総額は268,519円、顔を含まない13回コースの総額が222,222円。いずれも銀座カラーの回数無制限コースの方がお得です。

銀座カラーの方が通う回数が少ない

通う頻度 全身脱毛1回分 1年で脱毛できる回数
シースリー 1か月に2回、1度に1/4 2か月 6回
銀座カラー 2か月に1回、1度に全身 2か月 6回

シースリーと銀座カラーの上で紹介したコースは同じ回数でも通う頻度がシースリーの方が多いです。いつでも好きな時に通えて、いつまでに完了したいという目標が特にない人ならシースリーでもおすすめですが、どちらかといえばできるだけ通う回数は少なくしたい人は2か月に1回通えばいい銀座カラーがおすすめです。

ちなみにシースリーでも銀座カラーと同じく2か月に1回、1度に全身を施術するコースがありますが、総額はさらに高くなります。脱毛料金はできるだけ抑えたい人なら上のコースがおすすめです。

キャンセル料金はシースリーの方が高い

予約変更の期限 期限後キャンセル料金
シースリー 当日の予約時間直前まで 3,000円(無制限)or1回消化(回数パック)
銀座カラー 前日19時まで 2,000円(無制限9回目以降)

脱毛サロンは数多くあれども、予約当日の直前まで予約を無料で変更できる所はほとんどなく、その点では忙しくて予定を変更する可能性のある人にはシースリーはおすすめです。一方で無断キャンセルはいけないことですが、人間なら誰でも予約した日時を忘れてしまうこともあります。そんな時にシースリーの方がペナルティは厳しいです。

また女性は特に気にしなければならないのが、予約日当日に生理が来てしまった場合。シースリーも銀座カラーも全身脱毛にはVIOが含まれていて、生理だと施術はできません。ただし銀座カラーはVIO以外は施術をしてもらえるのでキャンセルする必要はありませんが、ホルモンバランスの関係で肌が敏感になっているため、どの部位でも生理ではない時に施術を受けることが望ましく、確実に生理が来ない時に予約を入れたいです。

シースリーなら予約直前まで予約が変更できるので生理のリズムが安定していない人でもおすすめです。

銀座カラーの方が予約が取りやすい

インターネットでシースリーの予約の取りやすさを口コミで調べてみると「ぜんぜん取れない」と感じている人が多いです。

シースリーでは電話予約の他「どこでも予約」という24時間使える独自のWeb予約システムがあります。一般的に「Web予約システムがある脱毛サロンでは予約が取りやすい」といわれていても予約が取りにくいのは、月額料金が他店と比べて安くて人気であること、そして1度に全身を施術するコースでも45分で終了する高速マシンを導入したこと、さらには現在キャンペーン中で特に都心の人気店舗では予約が取りにくい傾向にあるようです。

一方で銀座カラーは比較的予約は取りやすいです。Web予約システムがあって電話予約もできること、そして新店舗も続々とオープンしていて予約枠も増えています。さらには一部の店舗では夜10時半まで営業していることも関係しています。(シースリーはほとんどが21時までです。)

脱毛は決められた間隔でしっかりと予約を取らなければ効果は期待できません。「週末や夜間しか通えない」など、特に通える日時が限定されてしまう人は最初から予約の取りやすい銀座カラーを選ぶことをおすすめします。

シースリーの部位数の多さは気にする必要なし

銀座カラーの施術部位数は22か所、一方でシースリーは46か所か53か所。シースリーのいずれのコースも銀座カラーより倍以上部位数が多いのですが、特に気にする必要はありません。なぜならシースリーは部位が細かく分けられているためです。例えば腕の場合、

・シースリー→両肩、両ひじ上(表)、両ひじ周り、両ひじ下(表)両ひじ上(裏)、両ひじ下(うら)、両手甲、両手指の8か所

・銀座カラー→両ひじ上、両ひじ下、両手の甲と指の3か所

に分けられています。銀座カラーでは両肩と両ひじ周りという部位はありませんが、肩は両ひじ上に、ひじは両ひじ下に含まれています。

まとめ

シースリーと銀座カラーの全身脱毛、顔を含むコースも含まないコースも銀座カラーの方圧倒的にお得で、通う回数も少ないです。さらにキャンセル時の規定も銀座カラーの方が緩めで予約も取りやすいことから、これから全身脱毛を始めるなら銀座カラーがおすすめです。

全身脱毛は完了するまでに多い人で20回近く、期間にして2~3年は根気よく通わなければなりません。だからこそコース料金も、予約のとりやすさも、自分にとって無理のない脱毛サロンをカウンセリングで見極めなければなりません。その点でも銀座カラーは脱毛料金をできるだけ抑えたい人に、毎日忙しい日々を送っている人にもおすすめしたい脱毛サロンです。

シースリー 全身脱毛

シースリーの公式ページ


全身脱毛サロン選びで後悔する前に

全身脱毛サロンを料金の安さだけで選ぶと
「効果が出ない」「追加料金が発生する」「脱毛したいパーツが含まれていない」
などの思わぬ落とし穴があります。

全身脱毛の値段【月額・総額・全身1回の料金】一覧表と、サロン選びで必ずチェックするべき5つのポイントをまとめていますので、全身脱毛サロン選びの参考にしてください。
全身脱毛 値段

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング