87ee54792728c67ecf45677c50a13247_s

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング

脱毛サロンで失敗しない為に、トラブルを回避する方法も学んでおきましょう。トラブルの内容ごとに、回避する方法をまとめました。全身脱毛のトラブルは大きく分けて、施術上のトラブルと契約上のトラブルの2つがあります。

施術上のトラブル

サロンで脱毛後、また毛が生えてきてしまった

サロンは医療機関ではないため、医療脱毛に使われるような高出力のレーザーを使用することができません。そのため、サロンで行われる脱毛は「永久脱毛」ではなく「不再生脱毛」と言って、継続して行うことで「永久脱毛」に近い効果を得ることができます。

人によってサロンの「不再生脱毛」をある程度の期間続ければ、その後は処理しなければならないほどの毛が生えてこない人もいますが、脱毛が完了して何年か施術しないでいたらまた目立つ毛が生えてくる人もいます。

【このトラブルを回避するには?】

まず、サロンの「不再生脱毛」は脱毛クリニックが行う「永久脱毛」とは違うことを理解しましょう。確実に毛が生えない状態にするには「永久脱毛」である医療脱毛がおすすめです。しかし最近は料金の安い脱毛クリニックも増えてきたものの、全体的な傾向としては脱毛サロンよりも割高になりますし、脱毛サロンのようにあちこちに多数はありません。

人によっては脱毛サロンで充分な場合もありますので、大至急脱毛しないと困ると言うのでなければ、最初は脱毛サロンで少ない箇所の施術を受けてみて、効果に満足できないと判断した段階で医療脱毛を検討してもいいでしょう。
後で医療脱毛でやり直すことになっても目をつむれる程度の費用に収めるのがポイントです。

最初に受けた説明よりも時間と回数がかかった

脱毛に要する一般的な回数と期間の傾向はありますが、自己処理が必要ない状態になるまでにどのくらいの回数・期間が必要かは個人差が非常に大きくなります。毛周期も厳密には人それぞれ違いますし、体毛の量も人によって異なります。また、体毛の濃淡に関係の深いホルモンバランスのよし悪しは外見やカウンセリングではわかりません。

そのため、サロンのスタッフが「大体このくらいかかります」と言うのはあくまで一般論であり、1人1人の脱毛にどのくらいの回数・期間がかかるかはサロンスタッフもやってみるまでわからないのが実情です。

【このトラブルを回避するには?】

脱毛の計画を立てるときはサロンスタッフの説明よりも長くかかる場合を見越して、期間に余裕をもって計画します。回数制など、施術を受けられる回数や期間が定まっている契約の場合は、長くかかった時に追加で契約と支払いが必要になりますので、そうなったときに支払いができそうかどうかも考えてから契約するようにしましょう。

施術中のやけど・施術後の肌トラブル

機器の設定ミスなどで、脱毛部分に必要以上の熱が伝わってやけどを起こすことがあります。また、脱毛時は多少、毛穴を傷付けますので傷に雑菌が入って毛嚢炎(ニキビの様な炎症)ができることがあります。
そして気付かない場合がほとんどですが、施術後は多少なりとも肌が炎症を起こしています。肌が弱い人などはヒリヒリすることがあります。

原因が特定されていませんが脱毛することで、もとの状態よりも毛が濃くなったり増えたりすることがあります。体毛の薄い人や、産毛を脱毛したときに起こるケースが多く見られます。

【このトラブルを回避するには?】

契約前に必ず、施術によるトラブルへの保証の有無を確認します。そのような保証がないサロンでの脱毛は避けた方が賢明です。保証があるサロンの中から、無料体験など「お試し」ができるサロンを選んで、自分の肌が脱毛に耐えられるか実際に確認させてもらいましょう。
また、施術後の注意点などもよく確認しておきます。

契約上のトラブル

契約内で結果が出ず、予算オーバー

結果保証が付いていないサロンで○回コースなら予算内だからと契約して、その回数では充分な効果が出ずに追加で契約しなけらばならなくなることがあります。

【このトラブルを回避するには?】

何回で望むような効果が出るのかは、個人差が大きいためベテランのサロンスタッフにも正確に予測することができません。ですので最初はキャンペーンなどを利用して、あまり費用をかけずに施術してもらい、どのくらいの回数でどの程度の効果が出るのかを把握します。同じ人でも体の部位によって毛質が違い、効果の出方にも差が生じますが、ある程度の参考にはなります。
施術の結果を見て、他のパーツも脱毛したいと思えたらサロンスタッフと相談しながら今後のコースなどを決めましょう。

未消化分がある状態でサロンが倒産

契約が残っている状態でサロンが倒産してしまうケースです。サービスが受けられないだけでなく、現金払いの場合はお金が戻ってこない可能性もあります。

【このトラブルを回避するには?】

高額なコースを契約する際は必ず、会社としての基盤がしっかりしているサロンかどうかを調べます。また、契約前に返金条項も必ず確認するようにしましょう。
ローンの場合は消費者センターに相談すれば、受けていない施術分の代金を支払わずに済みます。


全身脱毛サロン選びで後悔する前に

全身脱毛サロンを料金の安さだけで選ぶと
「効果が出ない」「追加料金が発生する」「脱毛したいパーツが含まれていない」
などの思わぬ落とし穴があります。

全身脱毛の値段【月額・総額・全身1回の料金】一覧表と、サロン選びで必ずチェックするべき5つのポイントをまとめていますので、全身脱毛サロン選びの参考にしてください。
全身脱毛

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング