c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング

脱毛サロンで全身脱毛を行う場合は、大手の脱毛サロンで行うのがおすすめです。個人サロンならではのメリットもありますが、トータルで見るとどうしても個人サロンはデメリットの方が大きくなります。

もちろん例外もありますが、一般的な傾向としての個人サロンのデメリットをお伝えします。

個人サロンがおすすめできないワケ

契約中に倒産しないことが最低条件

サロン脱毛は少なくとも3年くらいの期間を必要としますので、契約期間中にサロンが倒産してサービスを受けられなくなると大変困ることになります。そのため、資本力のある大手サロンが安心です。

大手サロンは脱毛器の性能が違う

資本力の差はそのまま、導入できる脱毛器の差に表れます。個人サロンで使用されている脱毛器は100万円~300万円クラスのものが多いのに対し、大手脱毛サロンで使用されているS.S.C脱毛器などは600万円程度と、個人サロンが手を出しにくい金額のものが導入されています。より性能のいい脱毛機が新たに登場しても、大手であれば早くに導入することができます。

機械の性能は価格に比例し、業務用脱毛も例外ではありません。個人サロンで脱毛したら、家庭用脱毛器を使って自分で脱毛するのと変わらなかった、と言うケースもあります。また、最新機種を導入できず古い型の機械を使用しているために、施術が痛いケースもあります。

個人サロンは顧客数が料金に反映される

個人サロンは資本力が低いため、顧客数が如実に料金に反映されます。個人サロンの施術料金にばらつきが大きいのは、そう言った事情があるためです。

個人サロンは施術者の代わりがいない

個人サロンはオーナーのみなど、スタッフが少人数なこともデメリットになります。オーナーが1人で切り盛りしているサロンなどの場合、オーナーが病気や怪我で施術できなくなると代わりにやってくれる人がいません。脱毛はきちんと通ってもそれなりに長い期間がかかるので、相手都合で施術できない時期が生じるのは、できれば避けたいところです。

店舗数が少ないと転居したら通えない

大手サロンの場合はたいていのサロンは自社サロン内の行き来が自由ですし、全国あちこちに店舗があるので契約中に転居したり活動エリアが変わっても、他の店舗で施術を受けることができます。しかし、個人サロンは店舗数が少ないため、若い人など生活環境が変わりやすい人が通い続けるのは難しくなります。

個人サロンは勧誘がしつこい場合も

個人サロンにも良心的なサロンはありますが、大手と違って倫理観・道徳観がオーナーや従業員個人に委ねられる欠点があります。知名度が低いので多少しつこく勧誘しても、それがすぐに広く知れ渡ることもありません。

また、大手サロンにカウンセリングに行っても経営者が直接出てくることはまずありませんが、個人サロンの場合は接客をする人と経営者が同一であることが多く、経営が厳しいサロンなどだと顧客を獲得したい気持ちが強く出てしまいやすくなります。

昔は大手のエステサロンも勧誘がしつこく、うっかり説明を聞きに行くとなかなか帰してもらえず大変でしたが、近年はインターネットの普及で悪い口コミがあっと言う間に広がるようになったこともあり、大手サロンで強引な勧誘をされるケースはほとんど見られなくなりました。

トラブルの際も大手なら安心

支払い能力の差

多くの人に知られている有名サロンは、いい評判も悪い評判もすぐに世間に広まりますので、施術で肌トラブルが起こった場合も責任ある対応が期待できます。また、医療機関と提携していたり、万一の場合の医療費を全額負担してくれるサロンもあります。仮に裁判になるような症例であったとしても、大手サロンなら賠償金の支払い能力もあります。

その点、個人サロンは良心的なサロンであっても資金力の弱さが弱点になります。誠実に対応したい気持ちがあっても実質、トラブル時の医療費までは負担する能力がない可能性があるのです。まして、訴訟になったときの支払い能力は期待しない方が賢明です。

また、大手と違い「個人対個人の付き合い」の要素が強いため、問題が起きても苦情を言いにくい事情もあります。

経験とデータの差

個人サロンが施術トラブルに弱い理由がもう1つあります。大手サロンは多くの顧客の症例データを持ち、施術実績も多いため肌質や体調などから、ある程度事前にトラブルを予測することができますし、トラブル時の対応にも慣れていますが、施術実績の少ない個人サロンでは施術に対する反応を個人差レベルで予測することが難しくなります。

問題が起きた際のマニュアルまでは完備されていないことも予想されるので、迅速で的確な対応を期待できるか怪しいと言わざるを得ません。問題がなかったことにされないまでも、オーナーがオロオロしてしまって解決に向けた話が進まない、と言う事態は十分に考えられます。

脱毛サロンを選ぶときは、生活環境の変化に対応できるか、問題が起こったときに対応してもらえそうかと言うことも視野に入れて選ぶようにしましょう。


全身脱毛サロン選びで後悔する前に

全身脱毛サロンを料金の安さだけで選ぶと
「効果が出ない」「追加料金が発生する」「脱毛したいパーツが含まれていない」
などの思わぬ落とし穴があります。

全身脱毛の値段【月額・総額・全身1回の料金】一覧表と、サロン選びで必ずチェックするべき5つのポイントをまとめていますので、全身脱毛サロン選びの参考にしてください。
全身脱毛

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング