f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング

全身脱毛の事前処理のポイントと注意点

脱毛サロンで脱毛施術を受ける際、事前に必ずやらなければならない作業が、脱毛する部位を事前に自分でシェービングしてキレイにする「事前処理」です。この事前処理、結構手間がかかり大変なのですが、キレイに脱毛するために大切な作業です。

そこで、今回は事前処理のポイント・注意点の他、処理する範囲・方法について等お役立ち情報を紹介します。これから初めて脱毛サロンで施術を受けるという方は是非参考になさってください。

まずは、事前処理のポイントと注意点についてです。

事前処理のタイミングは?

多くの脱毛サロンで行われている光脱毛は、黒いメラニン色素に反応して光レーザーを照射して毛根や周辺組織にダメージを与えることで発毛を抑制させる方法です。このため、施術直前にシェービングをすると、黒い毛が見えないためレーザーが反応できず、効果が低くなってしまいます。最適な状態で光脱毛を受けるために事前処理は施術の2~3日前に行うのがベストです。

ただ、脱毛方法によっては黒い毛が見えていない状態でも脱毛可能なので、「自己処理を忘れてしまいそうで不安」や「毎回の自己処理は面倒」という人は、当日処理可能なサロンを探しましょう。

施術直前はなるべく肌にダメージを与えない!

光脱毛は脱毛する部位に光エネルギーを照射してダメージを与える行為なので、いわば軽い火傷を起こすのと同じです。上述のように、施術の2~3日前に自己処理をすすめるもう1つの理由は、照射直前に自己処理による肌にダメージを防ぐためです。また、万が一自己処理で肌を傷つけてしまっても、2~3日経過すれば肌が健康な状態にまで回復できるための肌回復猶予期間としての日数が2~3日間というわけです。

ただ、事前処理で深い傷をつけてしまった場合、照射によるさらなるダメージを防ぐため、施術自体できなくなってしまう可能性もあるので、施術前はできるだけ肌にダメージを与えないよう注意しましょう。

事前処理の範囲はどこまでするべき?

脱毛施術前の自己処理はどこまでやればよいのでしょうか?事前処理の範囲に関しては、サロンによってまちまちです。

例えば、剃り残しがNGなサロンもあれば、有料でシェービングをしてくれるサロンもあり、中にはシェービングを無料でサービスしてもらえる親切なサロンもあります。また、同じサロンでも月額制と回数制などコースの違いで、補助代金が出るor出ない等、違いが生じますし、自分でシェーバーを持参すればサービスとして無料でシェービングしてもらえるサロン等様々です。

こういったサービス内容の違いによっても、価格が変わってくるので、事前のカウンセリングの際、その辺りをしっかりと確認しておきましょう。

一般的な自己処理の範囲としては、腕、足、お腹、脇など自分で手の届く範囲まででOKのところが多いのですが、背中やお尻、お尻の穴周辺、襟足など自己処理が難しい部位は、ムリして処理するとケガの恐れもあるので事前にサロンに相談して適切な指示を仰ぎましょう。

また、多少の摩擦傷や背中ニキビなどがあっても、それほど重篤でない場合は施術を受けることができますが、サロンによっては完全に回復してからでないとNGなところもありますので事前に相談・確認してみてください。

シェービングを上手くできるポイント

シェービングの直前にカミソリを使うと、刃が直接肌に当たり、目に見えないたくさんの小さな傷がついてしまう上、皮膚の上層部が剥がれ、施術により肌がダメージを受けやすくなります。また、シェービング後の傷や毛穴から雑菌が入り込み、炎症など肌トラブルが起こる危険性もあるので、できることなら安全性の高い電気シェーバーを使用することをおすすめします。

ただ、どうしてもカミソリを使用したいという方は、傷をつけないように優しく丁寧に行い、必ず施術2~3日前までには済ませておきましょう。また、肌トラブルの原因となりますので、毛抜きは絶対に使用しないようにしてください。

以下に部位ごとに上手なシェービングのポイントを紹介します。

VIOや背中

VIOゾーンや背中は見えにくく、自己処理もしにくいですよね。ただ、ほとんどのサロンではVラインの自己処理をしてくるようお願いされることが多く、中にはI・Oラインもなるべく自己処理をしてくるように頼まれるケースもあります。

ただ、ムリをしてシェービングで深い傷をつけてしまったら施術も受けられなくなるので、くれぐれも注意して行いましょう。また、中には背中やOラインなど自己処理しにくい部位のみシェービングをしてくれるサロンもあるので、シェービングの範囲に関しては事前にきちんと確認しておきましょう。

顔は凹凸(おうとつ)が多く、非常にデリケートなパーツでもあるので、くれぐれもカミソリの刃で傷つけないよう、なるべく電気シェーバーを使いましょう。特にフェイスラインのカーブは剃り残しが多くなりがちな部位なので要注意です。

以上、いかがでしたでしょうか?自己処理は結構手間がかかり大変な作業ですが、脱毛後にキレイなスベスベ肌を手に入れるために必要不可欠な作業です。上記のポイントを抑え効率よく上手に行いましょう。ただ、難しい部位は無理をせず、サロンのスタッフに相談して適切なアドバイスをもらうことをおすすめします。

ちなみにシェービングサービスがある脱毛サロンを以下の記事で紹介してますので、自己処理が苦手という方は是非、検討してみてください。

関連記事:全身脱毛の剃り残しシェービングが無料のサロンがおすすめのワケ


全身脱毛サロン選びで後悔する前に

全身脱毛サロンを料金の安さだけで選ぶと
「効果が出ない」「追加料金が発生する」「脱毛したいパーツが含まれていない」
などの思わぬ落とし穴があります。

全身脱毛の値段【月額・総額・全身1回の料金】一覧表と、サロン選びで必ずチェックするべき5つのポイントをまとめていますので、全身脱毛サロン選びの参考にしてください。
全身脱毛

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング