acd6add68abd4bb9e31029076f12ed6f_s

サロンやクリニックでの全身脱毛を考えたとき、効果はもちろん施術時の痛みも気になりますよね。クリニックの医療レーザーや脱毛サロンのフラッシュ脱毛など、施術方法によっても痛みの感度はまちまちですし、スタッフの技術レベルや部位によってもかなり違ってきます。

そこで今回は、近年サロンやクリニックで主に行われている施術方法の中でも、肌への刺激や痛みが少ないといわれる脱毛サロンとクリニックの施術方法に関して、それぞれの特徴や痛みについてリサーチしてみました。

これから全身脱毛を考えているけれど、「なるべく痛みの少ない脱毛施術を受けたい」という方はぜひ参考にしてください。

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング

脱毛サロンの脱毛方法

多くのエステサロンで行われている光脱毛(フラッシュ脱毛)ですが、脱毛器が照射する光やジェルによりS.S.C.脱毛IPL脱毛、2つの方法に分類されます。両者とも基本的なメカニズムは同じで、各サロンオリジナルのジェルを使い、黒色のメラニン色素に反応する光照射で毛根やその周辺組織にダメージを与え毛が生えてこないようにする方法です。

今回は、光脱毛の中でも最も痛みの少ないと言われるSSC脱毛とIPL脱毛、同じく肌に優しい施術法・ハイパースキン脱毛の特徴を以下に紹介します。

光脱毛

S.S.C.脱毛

S.S.C.は「スムース・スキン・コントロールメソッド」の略で、光脱毛の中で最も肌に優しい脱毛方法と言われています。イタリアのDEKA社が開発したクリプトンという機器を用い、特殊ジェル(ビーンズジェル)を使いながら光照射で脱毛箇所にダメージを与え脱毛を行う脱毛方法です。

SSC脱毛に使われるビーンズジェルは抑毛成分が配合されており、毛穴から毛根へと有効成分が浸透することで抑毛効果が期待できます。また、冷たいジェルが光エネルギーの照射から肌をガードする効果もあります。

IPL脱毛

黒色のメラニン色素に反応する光(インテンス・バルス・ライト)をあて各サロンオリジナルのジェルを使い毛根やその周辺にダメージを与えていく施術方法です。

ハイパースキン脱毛

毛周期は、成長期→退行期→休止期を約2か月のサイクルで繰り返します。ハイパースキン脱毛は、毛が抜け落ちる時期・休止期に合わせ、まだ「毛の種」の状態にある発毛因子に特殊な光を当てて脱毛を促す方法です。

光脱毛や医療レーザー脱毛とは違い、毛根やその周辺組織に照射ダメージを与える方法ではなく、照射温度も38度と低温で肌に低刺激なため、月に1回ペースで施術を受けられ、効率よくスピーディに効果を実感することができます。

クリニックの脱毛方法

痛みの少なく肌に優しいのはダイオードレーザー

クリニックで主に行われている医療レーザー脱毛は、脱毛したい部位に強力なレーザーを照射して、毛母細胞と毛乳頭ごと破壊する脱毛方法です。そのメカニズムは光脱毛と同じですが、光脱毛に比べ圧倒的に照射パワーが強く効果も高い分、強い痛みを伴う点がデメリットです。

医療レーザー脱毛は、光の波長の違いにより、アレキサンドレーザーダイオードレーザーヤグレーザーの3つの方法に分類されます。それぞれの特徴や効果、痛みに関しても違いがありますが、3つの中でも最も肌への負担や痛みが少なく、一番多く使用されているのがダイオードレーザーです。

ダイオードレーザーは、レーザーの波長が日本人の肌質に適しており、肌の負担を最小限に抑えつつ一度に広範囲の照射が可能です。

ダイオードレーザーの機器には吸引式脱毛を行う「ライトシェア」蓄熱式脱毛の「ソプラノ」バルジ式脱毛を行う「メディオスターNEXT」など様々な方法があり、いずれも肌への負担や痛みを最小限に抑えながら高い脱毛効果を実感でき、大体5~6回の施術でほぼ永久レベルの脱毛が可能です。

痛みが少ない脱毛方法は?

光脱毛・ハイパースキン脱毛vs医療レーザー脱毛

上記には、脱毛サロンとクリニック、それぞれで行われている「痛み・刺激ともに少ない脱毛方法」を紹介してきましたが、「痛み」に関して比較すると以下のようになりました。

まず、全ての施術方法の中で1番痛みが少なかったのは、脱毛サロンのハイパースキン脱毛でほぼ無痛レベルでした。また、IPL脱毛とSSC脱毛とも痛みのレベルはほぼ同じで、若干の刺激や熱を感じられるものの、ほとんど痛みを感じられない程度となっています。

ただ、光脱毛(SSC脱毛・IPL脱毛)やハイパースキン脱毛は、肌への負担が少ない分、脱毛効果が出にくい点がデメリットです。価格に関しては、光脱毛が最もリーズナブルで、ハイパースキン脱毛は光脱毛に比べると高めですが、医療レーザーに比べるとかなり安くなっています。

また、医療レーザー脱毛の中で最も低刺激で痛みの少ないダイオードレーザーの場合、やはり光脱毛やIPL脱毛に比べると肌への刺激・痛み共に強く、チクチクとした痛みを伴います。

ただ、脱毛効果が高く、光脱毛の1/3程度の施術回数で済む点は医療レーザー脱毛の大きなメリットです。多少痛みがあっても効率よく永久脱毛レベルの脱毛がしたい人には、ダイオードレーザーが向いています

【最新版】全身脱毛が安いおすすめクリニック5選

一方、肌に優しく痛みのない施術を優先するのなら、光脱毛かハイパースキン脱毛がおすすめです。しかし、痛みに関しては、毛の量、濃さ、毛質などで個人差が大きい傾向があります。人によっては「医療レーザーでもそれほど痛みを感じない」というケースもありますし、部位(腕や足)によっても光脱毛と大差ない場合いもあります。まずは、サロンやクリニックのお試しプランを利用して痛みや効果を試してから、ご自身に最適な方法をじっくりと選んでみてはいかがでしょうか?


全身脱毛サロン選びで後悔する前に

全身脱毛サロンを料金の安さだけで選ぶと
「効果が出ない」「追加料金が発生する」「脱毛したいパーツが含まれていない」
などの思わぬ落とし穴があります。

全身脱毛の値段【月額・総額・全身1回の料金】一覧表と、サロン選びで必ずチェックするべき5つのポイントをまとめていますので、全身脱毛サロン選びの参考にしてください。
全身脱毛

【2017年版】全身脱毛おすすめサロンランキング